咳をする子供の写真

子供の咳が長引くんだが

風邪は一番ポピュラーな病気で、熱はないが咳や鼻水が出るため病院を受診すると風邪と診断される、ということはよくあります。
(まぁ大人になると多少の咳や鼻水では病院には行きませんが)

私の子供もよく鼻水が出てダラダラと続くため病院へ・・・ということがよくありますが、咳が気になることはそうありません。

 

ですがこのころ、夫も咳が続いており二人してずっと咳をしているため(夫なんか1ヶ月以上、寝る前や起きた時に特にひどい咳が続いた)、夫を無理やり病院へ行かせ、子供も病院へ連れて行きました。

結果。夫は気管支炎もしくはアレルギーかもねと病院で言われ、子供も風邪という診断結果。

 

幸い、夫も子供も何か特異な病気というわけでもなく一安心でしたが、咳が続く場合に考えられる病気はいくつかあるので注意が必要です。

 

長引く咳が特徴の病気

  • 風邪
  • 後鼻漏
  • 急性気管支炎
  • 喘息様気管支炎
  • 喉頭炎(クループ症候群)
  • 肺炎
  • 百日咳

風邪
症状:発熱や咳、鼻水

よほどでない限りそれほど悪化はしませんが、まれに熱が引いてもなぜか咳が止まらないということがあります。

 

後鼻漏
症状:鼻水、痰の絡んだ咳

小さい子どもの鼻水からはじまる風邪に多く見られ、鼻水をすすることによって、のどで痰のからんだ咳になります。

寝ているときにひどくなるので枕を少し高くして寝かせることで症状を一時的にですが軽減できます。
また、原因の鼻水が止まれば咳も止まります。

 

急性気管支炎
症状:気管支の炎症、発熱と咳(乾いた咳から次第に痰を伴う湿った咳に移行する)

ウイルス感染が原因となることが主で、原則咳止めや痰を出しやすくするような薬で様子をみますが、高熱で膿状の痰(膿性痰)が出る場合は細菌感染による発症が考えられ、抗菌薬が処方されます。

子供に限らず、大人でもかかります。

 

喘息様気管支炎
症状:咳、咳をする際ぜいぜい音がする、咳が長引く

一見喘息に似た症状がありますが、喘息ではありません。
0~1歳児は気管支が柔らかく細いため、気管支に分泌物がたまったり熱で水分が十分とれず、呼吸困難になったり眠れなかったりします。

RSウイルスの感染ではよくこの症状が重症化するので、こういった症状があった場合は早めに受診しましょう。

※まれに喘息様気管支炎の子供がそのまま喘息になることもあり、何度も繰り返すようであれば喘息の可能性があるので注意しましょう。

 

喉頭炎(クループ症候群)
症状:犬が吠えるようなケンケンという咳

幼児に多くみられる病気で、かぜ症状に引き続いて起こります。
のどの奥が炎症で腫れ、悪化すると呼吸困難を起こしたりして入院治療が必要となる危険な病気なため、早期治療が大切です。

 

肺炎
症状:発熱、咳、多呼吸等

子どもの肺炎の原因(原因微生物)は年齢によって異なります。

新生児期・・・B群連鎖球菌、大腸菌等の腸内細菌
1~2歳・・・ウイルス(RSウイルスなど様々)、肺炎球菌・インフルエンザ菌といった細菌
2~6歳・・・肺炎球菌・インフルエンザ菌、肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジア
6歳以降・・・肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジア、まれに肺炎球菌やインフル工ンザ菌

特に肺炎マイコプラズマが原因で起こるマイコプラズマ肺炎は年間通して発生し、特に秋から冬にかけてが多くなる感染症で、軽視して放置すると重症化したり、中耳炎や脳炎などの合併症を起こす場合もあるので注意が必要です。

 

百日咳
症状:特徴的な咳、長引く咳

現在、三種混合(百日咳・ジフテリア・破傷風)ワクチンの接種率が向上したことで患者数は減少傾向にある病気ですが、予防接種率が低下すると再び流行する感染症(再興感染症)であり、地域単位で小流行を起こすことがあります。

最近では学童期以降や成人でも発症することがわかってきており、乳児に限らず注意が必要です。

 

以上、咳が長引くときに疑うべき主な病気でした。

子供だけでなく大人でもかかるものもあるので、たかが咳と侮ることなく、2~3週間以上咳が続く場合は病院にかかった方が安心かなと思います。

投稿を作成しました 52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る