転んだ写真

子供が転んで顔を打った!!

家の中で転んで階段の角で頬骨強打!打ったところが見た目にも触っても凹んでる!
なのに病院たらい回しで最終的に様子見になった件についてのお話。

 

我が家は夫のこだわりでちょっと変わったつくりをしています。
何が変わっているかというと、バリアフリーも当たり前で段差をなくす傾向にある昨今に逆らうがごとく、1、2段程度ではあるものの段差が多い。

具体例を挙げると、キッチンが10㎝1段、リビングが15㎝×2段(計30㎝)、和室が10㎝1段(続きのリビングからだと40㎝の段差になる)と、それぞれ廊下から低かったり高かったりします。
とはいえ普段なら特に気にもせず、むしろキッチン以外の段差は座ることが目的の一つで意外と便利です。

しかし、この時ばかりは失敗したかなと思わなくもありませんでした。

 

その日も普通に平日の夜を過ごしており、リビングで夫と子供がはしゃぎまくっていた。
それだけであればよく見る光景で何の心配もなかったのですが、そのあとの”タイミング”が色々悪かった。

子供が夫に駆け寄り足に抱き着こうとした瞬間、夫がそれに気づかず向きを変えてしまい空振りの形で転倒。
さらに間の悪いことに、転倒した顔の先にちょうどリビングの階段の角があり、子供は勢いのままそこに頬骨を強打してものすごい勢いで泣き出してしまいました。

 

驚いたし痛いしでそりゃぁ泣くだろうといった感じですが、見ていた私達夫婦も大慌て。
駆け寄って抱きかかえ、打ったところを確認しました。

すると、打ったと思われる頬骨の部分が見た目にしっかり凹んでいる!!

とりあえず恐る恐る触って骨が凹んでいるのを確認、目や他に痛いところがないか確認して病院へ向かうべく車へ乗り込みました。
念のため、車の中から小児の夜間急病センターへ電話して状況を説明し、来てもらったら見ますよとのことだったのでそのまま向かいました。

 

ところが。

 

実際に小児夜間急病センターへ到着し、先ほど電話した者ですがというと、帰ってきた返答はそんな電話は受けていないというもの。
は?いや確かに電話して診ますと言っていただいたんですがと言っても話が通じません。

地元の小児夜間急病センターは県病院に併設されているのですが、そちらに間違って掛けたのではとまで言われる始末。
そんなわけあるか、ここのサイトから電話かけてそのあともちゃんとここに掛けたか番号確認したし!
ってか、たとえそうだったとしても顔のしかも目の下打ってて緊急で来てるのに診てくれないのかよと思いながら、言われるまま県病院の受付の方へ。

当然そこでも電話は受けていないと言われ、さらになぜか待ちぼうけをくったあと、ここでは救急搬送されてきた人がメインになるからと市郡医師会へ行くように言われました。

 

このころには子供も(打ったところを触られるのは嫌がるものの)元気だったし、そろそろいつもの就寝時間間近でそのうち機嫌が悪くなるのが目に見えてはいましたが、骨凹んでるし何かあったら怖いしと市郡医師会へとりあえず電話。

快くという感じではありませんでしたが、一応診てくれるとのことで医師会へ。
正直なところここまでの経緯でもう病院各所への不信感しかありませんでしたが、今夜診てくれるのはもうそこしかありません。

 

そして予想してはいましたが、案の定受付後だいぶ待たされました。

その日の外科の担当は整形外科の先生。
順番がきて事情を説明したのち、専門ではないけれどと言いつつその先生は割としっかり見てくれました。

 

その結果。

触って嫌がりはするけど泣くほど痛がりもしないし、他に見られる所見もないので大丈夫だろう。
そもそも子供の骨は柔らかく成長途中なため、多少ずれたりしても元に戻るので心配いらず、それよりも目が近いことが気になるがそちらも大丈夫そうなので、様子を見るだけでいい。

この年齢でレントゲンなどはリスクの方が大きいのでよほどのことがない限りはお勧めしないが、もっと詳しく見てほしいと思えば、形成外科を受診するように。
ただ、市内で小児をまともに見れる形成外科は〇〇病院くらいで、あとは〇〇医院ならまぁ・・・

とのことでした。
小児の診断もだけど、何かあったときに小児に合わせた対応を取れる形成外科がそこしかないということにびっくり。

 

翌日、さっそく〇〇病院へ連れて行きました。
やはり一度専門の先生にちゃんと見てもらった方が安心できると思ったので。

こちらも順番待ちが長かったですがそれも予想通り。
どうしてこう大きな病院って待ち時間が数時間かかるのか・・・

そうしてみてもらった受診結果は、結局医師会の先生と同様でした。
様子をみて、何か異変などあったらまた来てくださいと言われ終了でした。

 

とりあえず何事もなくてよかったですが、病院をたらい回しにされたのには辟易しました。
これで何かあったらどうしてくれるんだろうと県病院を追い出された時には思ったものですが・・・

 

さて、何もなければこれで終る話だったのですが、この後患部が変化してまた〇〇病院へ連れて行きました。
何がどうなって結果どうだったのか。

その時の諸々について、続きは「子供が転んで顔を打った!!~後日談~」へ

投稿を作成しました 42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る